ゲームセンターのメダルゲームを遊ぶ毎日を掲載。 他にもメダルゲームの攻略や 徒然日記など半分適当、半分本気でやってます。
◎ 最新記事

★メダルゲームの管理人的コツ

  ・ボールプッシャー系メダルゲームでボールがなかなか動かないときは少し休む
  ・メダルゲームは席についてから本番!放出期なのか回収期なのか見分ける
  ・メダルが沢山あるのなら小アタリはわざとミスをする


★メダルのガンマン関連記事

  ・メダルのガンマンの自分的イメージ!リングカラーで台選び
  ・捜索モードがでないのなら早めにやめるべし
  ・早撃ち牧場のクイック・ジミーの本気を見た!まさかの3連敗
  ・メダルのガンマン攻略!一丁拳銃と二丁拳銃の使い方
  ・馬に乗っている「キング・サンチョ」攻略
  ・肉弾戦が手ごわい「クラッシャー・キメラ」攻略


★メダルゲーム攻略記事(注・昔に書いた記事が多いのでみづらい記事が多いです)

  ・メダルフロンティア・クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶ! カスカベランド
  ・メダルフロンティア攻略・キン肉マン
  ・ドンキーコングバナナキングダム攻略 サテライト選び編
  ・ドンキーコングバナナキングダム攻略 ミッションゲーム編
  ・カジノウィナー攻略
  ・ファンタジーゾーン(メダル)攻略
  ・ジーワンターフティービーのまとめ・感想
  



メダルゲームのプッシャーゲームといえば、JPチャンスがあります。

これは100%運になっているものが多いです。

最近はJPチャンスの多くはアナログ抽選方式ですよね。


結構メダルゲームに飽きた自分でも、いまだにJPチャンスになって

JPの穴のところでは、結構ハラハラしますね。


ボールがぐらんぐらんして、JPに入りそうで入らなくて

残念賞っぽいところに入ったときのショックも相変わらずです。


なんとなくJPに入るより、外れたほうの

「ガーン」

な感じのほうが、インパクトが強いような気がします。

まぁ高齢者はそういうのが癖になって、メダルゲームにハマるのかもしれませんけど。




スリルがあってゲームになる

メダルゲームにいえることですけど、JPなんて運なんですよね。

たしかに台選びとかは実力がいるかもしれませんけど

JPゲームになると、後は運だったりしますよね。


JPゲームに行くまでの台選びとか、そういうところは実力というか目も重要になりますけど。

JPは運なわけです。


つまり誰にでもチャンスがあるわけで。

だからこそ、スリルがあって癖になるのだと思います。


うまくいえませんけど。

高齢者でも若い人と同じだけのチャンスがあるわけですね。

そう思ったら、ギャンブルとか高年齢層がハマっているのもなんとなくわかるような気がします。


若い人なら、がんばればがんばるだけ有利になる場があります。

でも高齢者になると、年齢的にがんばっても根本的に無理なものが多いわけですね。

ゲームセンターのメダルゲームは、運でJPにいけるわけで

そういうところが人気なのかもしれません。




若い人は実力でチャンスをつかめる人生

自分は現在30代で、もうそもそもがんばっても限界があるような年齢です。


それでもゲームセンターのメダルゲームをやっていてJPゲームで残念賞な感じになると

「無駄な時間をすごしたな」

と思って、その時間で、少しでも有利になることをすればよかったと思ったりします。


TVゲームのRPGなんかの、レベル上げでも

やればやるほど強くなりますよね。

でもメダルゲームはJPゲームで残念賞に入れば、すべてが無というか。

常にJPゲームは一定の確率でしかないわけですよね。

まぁだんだん可能性があがったり、有利なゲームになるゲームもありますけど。


メダルゲームというのは、完全に運なゲームを好む人に向いているのかもしれません。

少しでも自分の実力というか、目を必要とするものを好む人はメダルゲームはむいていないのかもしれませんね。


まぁ若い人は、メダルゲームなんてやらず。

ジョギングでもしたほうが、向上はするでしょ。

なんの役に立つかはわかりませんけど。

ジョギングすることで、血液がサラサラになって健康になるのは確かですからね…。
メダルを増やしたいのなら

JPゲームまであと少しのところでも引く

ことを覚えるべきです。


そのあとJPゲームまで少しのところでひけば

メダルが増えるってことがよくあります。


でもJPゲームに行くためにメダルを使ってしまい

JPゲームでも、結果はイマイチ。

それでメダルが減ってしまう。


もちろんJPゲームで、JPをだせばメダルがさらに増えますが

そうそううまく行きません。


メダルが増えて、そこでやめれば

メダルがプラスになるので、そこでやめる勇気を持つのも大事です。


特に放出期と回収期がなんとなくわかる人にとっては

回収期でのJPゲームまであとちょっとのところで

大きくメダルを吸い込まれるという経験はあるはずでしょ。


大事なのは放出期と回収期を読むことであり

たしかにラッキーでJPゲームでいい結果がでることもあります。


でもそれは本当にラッキーだから増えたわけで

それはメダルを増やす方法とかそういうことではないでしょ。


メダルを増やす方法が

「JPを出しましょう」

というのは無理ですよね。


でも、メダルを増やす方法として

メダルが増えた時点で引く

というのは、大事なことだと自分は思っています。


だらだらと他のゲームをやったりするのもよくないです。

まぁでも最近は放出期と回収期とかあまり関係なくて

とにかくJPをださないと増えないゲームも増えましたね。


でも序盤でうまくスロットがそろえば増えたりするので

ゲームをはじめてちょっとしか時間がたっていなくても

メダルが増えたのなら、そこでやめる勇気を持つのが大事ですよ。


これ

「メダルが増えないとどうにもならないじゃないか!」

という人もいるかもしれません。

たしかにそのとおりなんです。


でも、引きどきを覚えてくると

メダルの減り方もそれほど大きく減ることは少ないです。


駄目な人は

出るまでやろうとする

から大きく減ってしまう。

出るまでやるというのは、2時間3時間

ゲームセンターでメダルゲームをやるということになります。

そうとう余裕がないと無理です。

でも、そのぐらいやれば負けをとりもどせる可能性は高いです。


でも大きく負ける前に、やめることを覚えれば

大きく負けることは少なく

100枚、200枚ぐらいの減りで抑えることができます。


ぶっちゃけ、メダルが増えるときって多々あるんです。

大きく増やすためにはJPが必要ですが

10枚ぐらい増やすのなら、座ったところのスロットがそろって

メダルがちょっとでてきただけでもOKですからね。


実際そこでやめれば10枚ぐらい増えたことになります。

でも多くの人は

「まだ始めたばかりだから続行!」

となるわけです。

いやそれでいいんですけど。


そこでやめれば少なくとも10枚ほどメダルを増やせるわけであって

頭で

「ここでやめようかな」

ということを、少しでも思うことができれば

その後メダルは増やしていけると思いますよ。


メダルゲームっていつやめてもいいんです。

はじめて1分でやめてもいいわけですからね。





JPを出すことは難しいが増えたところでやめることは本人次第

JPを出すことは難しいです。

可能性としては低いです。

でもメダルが一瞬でも増えるときは結構あるものです。


メダルが増えたところでやめることができるか?

たしかに続けて、JPを出せば万々歳なわけですが

JPゲームまで行くのに大量にメダルが必要になるのなら

そこで泣く泣くやめる勇気があるのかどうかが重要になります。


それで後から座られた人にJPを出されてもそれはしょうがないです。

もしJPゲームにいっても、JPがでなかったら

メダルが減っていたわけですから…。


まぁゲームをしているので、メダルを増やすことよりも

メダルが少し減ってもいいからJPゲームに行くほうを優先しますよねぇ。




最近のプッシャーゲームでメダルを増やすのは難しい

最近のプッシャーゲームはどれも

ジャックポッドがでたら増えるがそれ以外では増えない

そんな感じのものばかりです。


昔のゲームは、確率変動が来たり、放出期にあたれば

JPがこなくても、それなりに増えるときもありました。

でも、最近のプッシャーゲームは、確率変動が来ても

さっぱり増えないというか、スロットが揃ったぐらいのアタリでは

どうにもならなかったりします。


そもそもスロットあたり自体が、大きなあたりみたいになってあまりこなくなりました。

昔のプッシャーゲームは、スロットがそろうぐらいのことなら

結構頻繁に来たりしたんですけどね。


マリオのコロコロなんだかというゲームなら

ルイージとヨッシーのスロットが揃うことがよくありました。

もちろんそれだけで増えるというわけでもないのですが

他にもメダルが増えるだけのミニゲームやイベントがあったりしました。



でも、今のプッシャーゲームはグランドクロスをみればわかりますが

とにかくJPゲームでの大当たりか、JPをあてないと厳しい状態です。

だから、今ではメダルを増やすのはそうとう難しいと思っています。


まぁゲームセンターも、メダルをそう簡単に増やしていては儲かりませんからね。

昔が異常だったと思います。


そしてなぜかよくわかりませんけど

メダルが増えやすいゲームよりも

JPがくれば、増えるみたいなゲームのほうが人気が高いような…。


JPがくればメダルが増えるゲームはシンプルですからね。

それゆえに人気が高いのかもしれません。


かなりつまらなくなったと思います。




メダルゲームは30分以内が勝負

自分の経験上、メダルは30分以内に増えることが多いです。


メダルゲームを長い時間やればやるほど減ることが多いです。

長い時間やると、JPがでないとほぼ無理だと思います。


でも30分以内ぐらいなら、メダルをそれほど使っていないので

小あたりでメダルが増えていることが多いんです。


なのでメダルを増やしたいのなら、短時間が勝負です。

ゲームセンターに行く回数を増やして、プレイする時間を短くするといいかと思います。




メダルが沢山ある人ほどメダルが増えやすい

メダルがあまりない人より、メダルが沢山ある人のほうが増えやすいです。

それは単純に、メダルを沢山ある人なら

あたりがでるまで続けられる

からです。


メダルがない人だと、あと少しやればあたりまで到達できるかもしれない。

でも、メダルがなくて強制終了になる可能性があるからです。


なのでメダルがある人は、ある程度いい台をとることができれば

あとはでるまで根気強くやれば、メダルが減ることはあっても

すごい量メダルが減るというのは、そうとう確率が悪い限りはないです。


メダルが沢山持っている人は、メダルがあるゆえに増えやすいです。

まぁメダルが沢山ある人は、基本暇人です。

いくらでもゲームセンターにいられることができるから、メダルが増えるわけです。


メダル&時間がない人は、メダルを増やすのは難しいです。

短時間であたりがこなければ、さっさと退散したほうがいいです。

ローリスク&ローリターンをコツコツやってどうにかしましょう。


まぁメダル&時間がない人は、こつこつゲームセンターに足を運んで増やすようにするしかないかと。

1回のゲームセンターで10枚~50枚ほど増えるのを目標にやるのがいいかと。

まぁ負けても-50枚までに抑えておきたいところですね。


増えたらやめないまでも

「ここでやめたらメダルは増えるな」

ということを意識するのが大事です。

そうすることで、いつか「スパッ」とやめることができますから。


メダルが増えても、やめることを考えないで断続する人はメダルが増えないです。

うちの親のメダルゲームのやり方をみてわかりました。

メダルが減ったら怒るくせに、メダルの使い方が粗いんですよね。

そして増やそうという気がないというか

JPしか眼中にないのでメダルが増えないわけです。

関連タグ : メダルゲーム, 増やす,

メダルを増やす方法として

わざと小アタリは見逃す

という方法があります。


これ、1人用プッシャーゲームでやってください。

大きな沢山のサテライトがあるプッシャーゲームになると

うまくいかない可能性があります。


簡単にいっちゃえば、放出期だったとしたら

小アタリで放出期が終了して、回収期になってしまわないように

小アタリのときは、わざとミスをするって感じかな。


それによって、放出期の状態を断続させて

大当たりをあてて、そこから回収期になってもらうって技です。



カジノウィナーの場合

カジノウィナーっていう1人用メダルゲームはまんまこれで

放出期のアップダウンゲームで

×8倍をなんどもミスっていたら

何回もミニゲームだとか、777とかWILDが普通に揃いますからね。

カジノウィナー




大きいタイプのプッシャーゲームでは、放出期が他の台に移動する?

でも、結構大きいタイプのメダルゲームだと

ミスっていたら冗談抜きに放出期がおわってしまう可能性があります。

台を選んでやるべきです。


古い台なら、大当たりをひくまでは放出期が続きます。

でも最近のプッシャーゲームになると、大当たりをひかなくても

小当たりの連続で放出期が終わってしまうこともあるので注意です。


大きなプッシャーゲームになると

自分が放出期でだらだらしていると

他の台のほうに放出期がうつってしまう可能性もあります。


大きなプッシャーゲームって、どの台も出るときはでる。

でないときは出ないって感じのものが多いですからね。



メダルを沢山持っていれば、放出期が終了するまでプレイできる

メダルを沢山持っている人がメダルを増やしやすい理由って

結局大当たりがでるまでプレイできるからなわけで

メダルが少ない人って不利だと思います。

小アタリのゲームでも、全力でやらないと

メダルが尽きてしまいますからね。


まぁ結局は放出期だったらの話なわけで

回収期でひさしぶりにでたミニゲームをミスったりするのは違うと思います。

だから結局は、放出期・回収期をみぬく力が必要ってことかな。

でも、そういうのってある程度プレイしないとわかりませんよねぇ^^;


だって、放出期と回収期・・・

両方の状態をプレイしてわかることだと思いますから。

結局は経験がある人のほうがメダルを増やしやすいってことなんでしょうね。




ここ最近の1人用プッシャーゲームのなさは異常

おもうんですけど、ここ最近

1人用プッシャーゲームなんてまったく新作がでてきていない

気がします。


需要がないのか、ゲームセンター側が購入しないのかしりませんけど。

一時期カプコンの1人用プッシャーゲームでメダルゲームのおもしろさを知った自分としては残念です。


1人用プッシャーゲームがよく出来ていたと思います。

まぁミニゲームが多すぎて、年配者にはついていけなかったのだと思います。

1人用プッシャーゲームになると、ボール系はありませんでしたからね。


でも、ゲームセンター側が

メダルをセロハンでつつんだ固まり

を置いていたのはいい思い出です。

関連タグ : メダルゲーム,