ゲームセンターのメダルゲームを遊ぶ毎日を掲載。 他にもメダルゲームの攻略や 徒然日記など半分適当、半分本気でやってます。
◎ 最新記事

★メダルゲームの管理人的コツ

  ・ボールプッシャー系メダルゲームでボールがなかなか動かないときは少し休む
  ・メダルゲームは席についてから本番!放出期なのか回収期なのか見分ける
  ・メダルが沢山あるのなら小アタリはわざとミスをする


★メダルのガンマン関連記事

  ・メダルのガンマンの自分的イメージ!リングカラーで台選び
  ・捜索モードがでないのなら早めにやめるべし
  ・早撃ち牧場のクイック・ジミーの本気を見た!まさかの3連敗
  ・メダルのガンマン攻略!一丁拳銃と二丁拳銃の使い方
  ・馬に乗っている「キング・サンチョ」攻略
  ・肉弾戦が手ごわい「クラッシャー・キメラ」攻略


★メダルゲーム攻略記事(注・昔に書いた記事が多いのでみづらい記事が多いです)

  ・メダルフロンティア・クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶ! カスカベランド
  ・メダルフロンティア攻略・キン肉マン
  ・ドンキーコングバナナキングダム攻略 サテライト選び編
  ・ドンキーコングバナナキングダム攻略 ミッションゲーム編
  ・カジノウィナー攻略
  ・ファンタジーゾーン(メダル)攻略
  ・ジーワンターフティービーのまとめ・感想
  


どうも最近メダルゲームのメダルの価格が安くなってきているように感じます。

いままでは

1000円で100枚か150枚

ぐらいが相場でした。


でも最近は5000円で2000枚ぐらいもらえたりします。

ゲームセンターとしては、ハイリスクハイリターンになっているのかと。

そりゃローリスクローリターンだと、なんどもきてもらえないですからね。


沢山のメダルをあげれば、再び来てくれる可能性が高くなります。

さらに、来ないのなら預けたメダルもなくなるわけで

そういうところが関係しているのかもしれません。



メダルゲームがまるっきり高齢者向けへ

もうメダルゲームってほとんど高齢者向けの遊び場になりましたね。

昔は子供たちがメダルをもって、いろいろゲームしていましたけど。

ジャンケンゲームなんて、子供の誰もがプレイしたゲームですよね。

勝って「フィーバー!」ですよ。


メダルゲームは作るほうも迷走している気がします。

そもそもメーカー側は高齢者向けのゲームなんて慣れていないものだから…。

新たに出すも、誰もプレイせずに撤去されるゲームも多いです。

昔話のビンゴゲームみたいなものは、まさにそんなゲームに感じます。


昔はメダルゲームは楽しかったんだけどなぁ。

いまのメダルゲームはどれもすぐ飽きます。

単純なもののほうが、高齢者にとってはとっつきやすいから

そういうゲームが増えているのだと思いますけど。


若い人にとっては、1日やったら飽きるゲームばかりですからね。

まったくミニゲームがないので、10分ほどやって

「これがずっと続くの?」

と思ってしまいます。

関連タグ : メダルゲーム,

最近はボールを落とす系のメダルゲームが増えています。

コナミのプッシャーゲームはほとんどボールを落とす系のメダルゲームですよね。

でも、なかなかボールが前にすすまなかったり

なかなかボールが落ちていかなくてイライラすることもあるでしょう。


そういうときは、2,3分ぐらいメダルの投入を休むと

その後にはじめたときに、結構いい感じでボールが動いたりします。


なぜなのかはわかりませんが

メダルがいい具合に落ち着くからだと自分は思っているんですけど…

ボールがなかなか動かない時は

大量にメダルを投入してもなかなか動きません。


でも、少し時間をおいて、ふたたびはじめると

簡単に動いたりするので不思議です。

よくあるのは、メダルを大量に持っていたのに

ボールがなかなか動かなくて、手持ちメダルが0になり

メダルをおろしにいったり、購入したりして

再びはじめたら、簡単にボールが動いたりします。


これはメダルをおろしにいったり、購入しにいった時間

台を休ませたからだと自分は思っています。


ボールがもうちょっとで落ちそうなのに

なかなか動かなくて、挫折しそうな時は

トイレにいったり、飲み物を飲んだりして少し休んでみてはいかがでしょうか。


その休んだ時間により、ボールが動きやすくなったりすることはあると思います。

いや、これはボールが動きやすくなったのではなくて

その前までが

一時的にボールが動きにくくなっている状態だった

のだと思います。


休憩したことにより、そのボールが動きにくい状態が

普通の状態に戻っただけだと考えるほうがいいと思います。

休憩したら、ボールが動きやすくなるというわけではないので

スムーズにボールが動きやすいのなら

休憩をはさむ必要はないでしょう。


でも、ボール系プッシャーゲームって

あと少しでボールが落ちるところまできているのに

ボールがなかなかしぶといというときは

ムキになって、メダルを大量投入するより

少し休んでみると、再びはじめたときに

ボールが簡単に落ちていったりします。


たまたまなのかもしれませんけど

そういうときが自分はやたらおおいですけどねぇ。



逆にはじめボールがうまく動いたときは注意

メダルゲームの罠でもあるのですが

やりはじめたときはボールが結構な勢いで動き

「これなら、すぐにボールを落とせそうだな」

と思っても、じょじょにボールの動きが悪くなり

さっぱりボールが落ちないときがあります。


ボールはプレイしたてのときは、結構動くんですよ。

でも、ある程度続けていると、さっぱりボールが動かなくなる。


そういうときは、少し休むか

大量のメダルを投入して、勢いよく押すことが重要です。

休むのが一番なんですけど

ちょっと暇だったりするんですよねぇ。


トイレタイムか、飲み物でも買って一休みしてください。

関連タグ : メダルゲーム,

メダルを増やしたいのなら

JPゲームまであと少しのところでも引く

ことを覚えるべきです。


そのあとJPゲームまで少しのところでひけば

メダルが増えるってことがよくあります。


でもJPゲームに行くためにメダルを使ってしまい

JPゲームでも、結果はイマイチ。

それでメダルが減ってしまう。


もちろんJPゲームで、JPをだせばメダルがさらに増えますが

そうそううまく行きません。


メダルが増えて、そこでやめれば

メダルがプラスになるので、そこでやめる勇気を持つのも大事です。


特に放出期と回収期がなんとなくわかる人にとっては

回収期でのJPゲームまであとちょっとのところで

大きくメダルを吸い込まれるという経験はあるはずでしょ。


大事なのは放出期と回収期を読むことであり

たしかにラッキーでJPゲームでいい結果がでることもあります。


でもそれは本当にラッキーだから増えたわけで

それはメダルを増やす方法とかそういうことではないでしょ。


メダルを増やす方法が

「JPを出しましょう」

というのは無理ですよね。


でも、メダルを増やす方法として

メダルが増えた時点で引く

というのは、大事なことだと自分は思っています。


だらだらと他のゲームをやったりするのもよくないです。

まぁでも最近は放出期と回収期とかあまり関係なくて

とにかくJPをださないと増えないゲームも増えましたね。


でも序盤でうまくスロットがそろえば増えたりするので

ゲームをはじめてちょっとしか時間がたっていなくても

メダルが増えたのなら、そこでやめる勇気を持つのが大事ですよ。


これ

「メダルが増えないとどうにもならないじゃないか!」

という人もいるかもしれません。

たしかにそのとおりなんです。


でも、引きどきを覚えてくると

メダルの減り方もそれほど大きく減ることは少ないです。


駄目な人は

出るまでやろうとする

から大きく減ってしまう。

出るまでやるというのは、2時間3時間

ゲームセンターでメダルゲームをやるということになります。

そうとう余裕がないと無理です。

でも、そのぐらいやれば負けをとりもどせる可能性は高いです。


でも大きく負ける前に、やめることを覚えれば

大きく負けることは少なく

100枚、200枚ぐらいの減りで抑えることができます。


ぶっちゃけ、メダルが増えるときって多々あるんです。

大きく増やすためにはJPが必要ですが

10枚ぐらい増やすのなら、座ったところのスロットがそろって

メダルがちょっとでてきただけでもOKですからね。


実際そこでやめれば10枚ぐらい増えたことになります。

でも多くの人は

「まだ始めたばかりだから続行!」

となるわけです。

いやそれでいいんですけど。


そこでやめれば少なくとも10枚ほどメダルを増やせるわけであって

頭で

「ここでやめようかな」

ということを、少しでも思うことができれば

その後メダルは増やしていけると思いますよ。


メダルゲームっていつやめてもいいんです。

はじめて1分でやめてもいいわけですからね。





JPを出すことは難しいが増えたところでやめることは本人次第

JPを出すことは難しいです。

可能性としては低いです。

でもメダルが一瞬でも増えるときは結構あるものです。


メダルが増えたところでやめることができるか?

たしかに続けて、JPを出せば万々歳なわけですが

JPゲームまで行くのに大量にメダルが必要になるのなら

そこで泣く泣くやめる勇気があるのかどうかが重要になります。


それで後から座られた人にJPを出されてもそれはしょうがないです。

もしJPゲームにいっても、JPがでなかったら

メダルが減っていたわけですから…。


まぁゲームをしているので、メダルを増やすことよりも

メダルが少し減ってもいいからJPゲームに行くほうを優先しますよねぇ。




最近のプッシャーゲームでメダルを増やすのは難しい

最近のプッシャーゲームはどれも

ジャックポッドがでたら増えるがそれ以外では増えない

そんな感じのものばかりです。


昔のゲームは、確率変動が来たり、放出期にあたれば

JPがこなくても、それなりに増えるときもありました。

でも、最近のプッシャーゲームは、確率変動が来ても

さっぱり増えないというか、スロットが揃ったぐらいのアタリでは

どうにもならなかったりします。


そもそもスロットあたり自体が、大きなあたりみたいになってあまりこなくなりました。

昔のプッシャーゲームは、スロットがそろうぐらいのことなら

結構頻繁に来たりしたんですけどね。


マリオのコロコロなんだかというゲームなら

ルイージとヨッシーのスロットが揃うことがよくありました。

もちろんそれだけで増えるというわけでもないのですが

他にもメダルが増えるだけのミニゲームやイベントがあったりしました。



でも、今のプッシャーゲームはグランドクロスをみればわかりますが

とにかくJPゲームでの大当たりか、JPをあてないと厳しい状態です。

だから、今ではメダルを増やすのはそうとう難しいと思っています。


まぁゲームセンターも、メダルをそう簡単に増やしていては儲かりませんからね。

昔が異常だったと思います。


そしてなぜかよくわかりませんけど

メダルが増えやすいゲームよりも

JPがくれば、増えるみたいなゲームのほうが人気が高いような…。


JPがくればメダルが増えるゲームはシンプルですからね。

それゆえに人気が高いのかもしれません。


かなりつまらなくなったと思います。




メダルゲームは30分以内が勝負

自分の経験上、メダルは30分以内に増えることが多いです。


メダルゲームを長い時間やればやるほど減ることが多いです。

長い時間やると、JPがでないとほぼ無理だと思います。


でも30分以内ぐらいなら、メダルをそれほど使っていないので

小あたりでメダルが増えていることが多いんです。


なのでメダルを増やしたいのなら、短時間が勝負です。

ゲームセンターに行く回数を増やして、プレイする時間を短くするといいかと思います。




メダルが沢山ある人ほどメダルが増えやすい

メダルがあまりない人より、メダルが沢山ある人のほうが増えやすいです。

それは単純に、メダルを沢山ある人なら

あたりがでるまで続けられる

からです。


メダルがない人だと、あと少しやればあたりまで到達できるかもしれない。

でも、メダルがなくて強制終了になる可能性があるからです。


なのでメダルがある人は、ある程度いい台をとることができれば

あとはでるまで根気強くやれば、メダルが減ることはあっても

すごい量メダルが減るというのは、そうとう確率が悪い限りはないです。


メダルが沢山持っている人は、メダルがあるゆえに増えやすいです。

まぁメダルが沢山ある人は、基本暇人です。

いくらでもゲームセンターにいられることができるから、メダルが増えるわけです。


メダル&時間がない人は、メダルを増やすのは難しいです。

短時間であたりがこなければ、さっさと退散したほうがいいです。

ローリスク&ローリターンをコツコツやってどうにかしましょう。


まぁメダル&時間がない人は、こつこつゲームセンターに足を運んで増やすようにするしかないかと。

1回のゲームセンターで10枚~50枚ほど増えるのを目標にやるのがいいかと。

まぁ負けても-50枚までに抑えておきたいところですね。


増えたらやめないまでも

「ここでやめたらメダルは増えるな」

ということを意識するのが大事です。

そうすることで、いつか「スパッ」とやめることができますから。


メダルが増えても、やめることを考えないで断続する人はメダルが増えないです。

うちの親のメダルゲームのやり方をみてわかりました。

メダルが減ったら怒るくせに、メダルの使い方が粗いんですよね。

そして増やそうという気がないというか

JPしか眼中にないのでメダルが増えないわけです。

関連タグ : メダルゲーム, 増やす,